2007年09月30日

天元突破グレンラガン27話(最終回)を考えてみる

思いつくままに追加していきます。

とりあえず、微妙にアンハッピーエンド気味なのはなぜか原因を追及してみる。

<その1>

最終回時点で登場人物全員ボケキャラばかりで、ボケっぱなしのま暴走したから。
アンチスパイラルもあの顔がツッコミどころ満載なのでボケで。
唯一といってもいいツッコミ、頼みの綱のロシウ!
おまえの生真面目な性格が災いして22話で地球に残ってしまったのがイカンかった!
助けるヒーローもボケなら、助けられるヒロインもボケ。グレン団は全員ボケ、ヨーコさんも周囲のボケに染まってしまい、獣人であり元敵であるヴィラルも環境に流されやすい性格でボケ。
ロシウ…最後の希望の光はもしかしたらお前だったのかもしれないのに…!!

<その2>

シモンはやはりシモンだったから。
アニキほどのアグレッシブさがなかった。
最後、シモンは消えた者は蘇らせない選択をしたけど、これがアニキだったら「俺は俺のやりたいようにやるんだよ!」とやっちゃったよ。
たとえ結果スパイラルネメシスにつながったとしてもやっちゃったよ。
未来のこととか周囲のこととか考えないそれがカミナクオリティ。
下手するとイデオン劇場版エンドになりかねない。
「おれは穴掘りシモンだから」というシモンが主人公のグレンラガンは、やはり最後はこれがベストだったのかもしれません。(人類的にもな)

しかし中年シモンがそのけた外れの螺旋力を抑えた結果のあの左目、つまり螺旋王みたいな状態(不老不死?)になってるとすると、これはこれで未来がかなり面白そうになる予感もあります。
結婚式時点では普通の目だったので、あれから螺旋力を抑えはじめたとしてどの辺であの目になったかはわからんのですが。

人類が道を踏み外し、スパイラルネメシスが起きそうになるたびに現れる謎の中年男。
秘められた螺旋力を開放して立ち上る緑のオーラ!それが消え去った後にたたずんでいるのはひとりの若者だった!!

「俺を誰だと思っている?アンチスパイラルと戦った男シモンだ!!」
「俺は来るべき宇宙の危機に備えかつての螺旋王ロージェノムよりMISOPETHA-MENOSの法を授っていたッ!243年の歳月も俺にとってはたかが243日でしかないッ!!!!!!」

とかね。

途中他のマンガがまじってますけど。

<番外>
ガイナックスだから。
posted by テツコ at 19:20| Comment(28) | TrackBack(2) | 【天元突破グレンラガン】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グレンラガン最終回暫定感想

( ゚Д゚)

友人から見せてもらいました最終話。
まずは一回見た感想。

前半。

ニアが仮想生命だったってのはびっくりだっていうかアンタそんな最終回でそんなこといきなり言い出されても!

そして

何をどう戦ってるのかぜんぜんわかりませんでした。

わかるんじゃない感じるんだ!!という意味で、熱い戦いであったことは理解した!!

結婚式のシーンは感動した。
うう…ニア…かわいそうだよ…。
シモンも…。
普通のハッピーエンドじゃダメだったのかなあ…。ホームパーティに招いた近所の人達がなぜか次々と倒れていく幸せな(?)未来なんてのもあってよかったのに…。

うん、いい最終回であった…。

あれ?続き?あれ??

ロシウやっぱり村長の息子だったんか。デコは後退してないね、よかったね!
リーロンは、アレ、アンチエイジングの成果なの!?まさか不老…!
ヨーコさん一生独身だったのかあ…。複雑だなあ…。あと別に偽名じゃなくてもいいんじゃ…。

ヴィラルかっこEEEE−−−−−−!
楽しそうでなによりですが、あれか、おまえヴィラえもんルック結構気に入ってたのか(涙)
しかしショートカットになってみるとやはり当初に比べると微妙に老けた気もしなくも…。
ヴィラルが傷口とかがすぐ治るようになったってのは細胞の再生能力を強化するなりして可能だと思うんですが、不老不死ってのは正直眉つばだなあとテツコ的には思ってるので(だってそれが可能ならまずロージェノムがなってるだろう)すが、いずれにせよ四天王のみなさんのように、人型の上位獣人は基本的に数百年の寿命があるようなので宇宙をウロウロするには最適の人材ではありますな。
好奇心の強い人なのでサプライズの多いであろう宇宙生活はヴィラル的にも向いてそうです。
きっとそのうちあの運命の嫁とも巡り合えるはずだ!
ちなみにシベラさんも乗ってましたね。
ヴィラル艦にはギミダリも合流するみたいだし、地球代表としてがんばってほしいです。

アニキのお墓が戦士のお墓で、その横のちょっと低い丘に、たくさんの花の咲くニアのお墓…せつねええーーせつねええよおおお。

ほんで、シモンはしぶい放浪のおっさんになって…。
冒頭のナレーションが、シモンだったのね。
グレンラガンの物語は、シモンの語る物語だったってことか。
しかしその杖…何…?

そんでもって、

宇宙の終わりの危機そのものは回避されてなかった。

それをどうするのか話し合いに、ヴィラルさんが行くんですかね…。
大丈夫なのかしら…。あの人、話し合いには向いてない気がするんですが…。
いやまあ艦長なだけで話し合いは別の人がするのかもしれん。
ヴィラルを信用してないってんじゃないんですけど、気合いとノリで相手に簡単に丸めこまれちゃいそうな気がするんだもんよ!(信用してねえ)

結局、終わりの危機そのものはまだ残ってる以上は恋が宇宙を救ったかどうかは微妙(アンチスパイラルの支配から解放はされたけど)なままだし、寿命30年のはずの獣型の獣人も20年たっても結構残ってるし、1話冒頭の宇宙艦長は結局なんだったの?とか、シモンおじさんの左目は何?とか疑問がいろいろ残っている。

ということでガイナックスさん!天元突破グレンラガン2とか時空突破グレンラガンセカンドとか次元突破グレンラガンとか期待したいです。まじで。
子孫らの世代の話でいいんで世界的に決着をつけてほしいなあ〜。
posted by テツコ at 11:21| Comment(0) | TrackBack(7) | 【天元突破グレンラガン】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

グレンラガン26話

ヴィラルぁああああああ




他の感動がトコロテンのよーに押し出された!!
おいしいキャラだな〜ヴィラル…。
ほぼリアルタイムでグレンラガン見れたので、思いつくままダラダラと26話の感想を書かせてもらいます。

たとえば7年前のヴィラルなら、絶対あの並行世界は選択されなかっただろうと思うですよ。
人工的に生まれる獣人だから家族って概念がまず無かっただろうし。
描かれなかったけど、地下居住派に加担していた7年間、人間と一緒にいて色々なものを見て考えて、当然そこには死もあれば誕生もあるだろうし、様々な家庭の在りようがあり、それらを抱え込んで盾になってエンキドゥドゥで新政府と戦ってたと考えると、当時のヴィラル側視点から見てみれば、主人公シモン率いる新政府はどうあってもヴィラルにとっては正義になりえず受け入れることもできなかった、って構図が今さらながらに見えてきて感慨深い。

あのシーン、なんか娘が主人公のアニメか何かで「在りし日の、父と母との幸せな思い出」として回想されてそうな幸せっぷりで泣けてきますが、実際どこかであの幸せを享受してるヴィラルがいると思うとこっちのヴィラルがますます不憫に…。

だいたいあの並行世界ヴィラルはじめ獣人、生殖能力が無いとか、もう、そういうレベルじゃないよ。

どうみてもエルフ族でした。

日が暮れようとしてるのに草原で遊んでるし。

ヴィラルも嫁さんも娘も額に飾りつけてたり、服装もエレガントで、もれなく皆さん戦闘のテーマがお似合いの獣人とはどう考えても差がありすぎる。非力な魔法使い一家にしか見えない。

グレンの物語があるので基本がこっちの世界と考えがちですが、向こう世界から見ればあたりまえですが向こうには向こうの物語がありそれが基本なわけで、そう考えると獣人化してるこっち世界のほうがむしろ何かしらの事情で生まれたイレギュラー世界である可能性もないわけではないと仮定してみたらどうだろう。
超ひも理論というのがあるんですが、なんか物理学とか相対性理論とかいろいろからむんでテツコが詳しいはずもないんですが、聞きかじったところによりものすごくぶった切って言うと、宇宙というのは広がり(終わり)と収縮(はじまり)を繰り返し、そのたびに時間も巻き戻され、テツコらが住むこの世界は実は繰り返しの途中の何十回目かの世界であり、テツコらも何十回目かの人生である、っていう説です。
その説を踏まえてグレン世界を考えれば、螺旋力の増大が宇宙の終わりにつながる、みたいなくだりがあった(ような気がする)し、そうなると、世界そのものが本来あるべき形に戻ろうとする動きに従って最終回決戦の影響とかで巻き戻しが起きて、こっちで死んだ人たちは死ぬこともなく、獣人達はあるべき形、すなわちあの並行世界に限りなく近い状態になるかもしれない…

…わけはない。

えんえん語ってすみませんが、ようはヴィラルが不憫すぎて現実逃避しただけです。
だってそんな説明する時間あるとは思えないんだもんよ来週が最終回なのに!!

まあこの作品には、こ難しい物理学とか量子力学とかを超えた大いなる力がありますよ。

つまり生殖能力をつけるとか、不死になるとか、ちまちま考えず、このさい一発ドカンと螺旋の力で種族丸ごとエルフ族にジョブチェンジさせてもらえば全部解決!!!!(するか?)




まあもう製作は終了してるしあとは来週を待つのみですが、多分日本で十数万の人が叫んでるとおもうけど、

ガイナックスさんマジたのんますヴィラルのこと幸せにしたってください!
posted by テツコ at 00:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 【天元突破グレンラガン】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月20日

またパソコンぶっ壊れた

なんの呪いだろう、これは。

てなわけでPC修理中でネットから切り離され、人からかりたビデオ鑑賞の日々です。
人気のグレンラガンてのをみてみました。
すごい評判いいらしいってのは知ってたんですがエヴァがいまいちしっくり来なかったんで、ガイナックスか〜と思いつつ鑑賞。

おもすれー!!

つかテンポ早いんで飽きないですね。構成うまいなあ。歴史に名を残すタイプのアニメじゃないですが、2007年の代表的アニメになるのは間違いないんじゃないかなあ。
テツコ腐女子を自負していますが、実はここ数年アニメやらはからっきしみとらんので腐力も枯渇気味だったのですがヴィラル!いいですね!イキがよくて!
相手によって傲慢だったり従順だったり、しっかりしてるようで微妙に天然だったり、見ていて飽きませんよ。
リアルタイムではまりたかったな〜。まあ例によってこっちは放映してないから無理なわけですが。
余談ですが雰囲気か、なんなのか、見てるとふいにかなり前に日曜の朝やってたヤマトタケルってアニメを何故か思い出す。なんでじゃろ。

ヴィラルは俺の嫁。というフレーズだけはなぜか知ってたんですが今ならみんなの気持ちがよくわかるよ!!
posted by テツコ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | テツコ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

アイシールド21 247話「決戦の東京ドーム」

…えー、再開一発目でアレなんですが、いきなり陰気な語りなのでアイシールド21を愛してやまない今絶好調な方は見ないほうがいいとおもわれます。









よろしければポチっと。ここを押しておくんなせ
posted by テツコ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 【アイシールド21】感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

ご無沙汰しております

パソコンがぶっ壊れまして携帯のみで暮らしておりました。
新しいパソコンが届いてヤッターと喜んでいたら、ADSLがつながらなくなりました。
1時間のうち25分くらいネットできますが、35分間は切断されてます。こんな時限ネット生活いやだよ!!
原因がわからず現在進行形でNTTさんにはたびたび訪問していただいております。

さて、このところのテツコ一番の驚きは、

風魔の小次郎実写化

でした。

コスモ編はNASAかハリウッドにでも撮影協力してもらわないと無理じゃね!?というわけで、たぶん夜叉編のみで終わるであろう。

役者情報は一番最初に流れてきた情報をもとに調べたので、最終的にキャスト変更になる可能性もあるんですが、その情報をもとに見てみると、

 竜魔役のひとが割とイメージにあっててホッ。
 27才で高校生役はちょっと(かなり)つらいかもしれないが、原作の竜魔からしてまさに年齢詐称って感じだからOKです。まあ実際学ラン来てても学生とは一言も言ってないしな原作でも。
 頼れる兄さんて感じでいい感じ。

 ほかはまあ…うん…まあ…。

 紫苑あれはねーよな。

 とか思いますがまあいいよ…。
 
 アニシールド21で鍛えられた腹筋が今こそ生きるときだという強い予感がするんですが、放映されていないこっちに引っ越してきてからというもの腹筋はたるむ一方なのが今となっては惜しまれます。
posted by テツコ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | テツコ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

バレでーす

京極新刊の邪魅の雫よみました!
これに関しては後日あらためて書きたいなあ。
さしつかえない範囲でいえば、京極先生が同シリーズで小作を発表しつづけてたせいかキャラがこなれててえらい読みやすかったですよ。
アイシールド21キャストで京極シリーズキャラにあてはめて考えたらどうなるかと思ったんですが鬱系キャラがひとりもいなかった。

ではバレ感想でーす。





進さんは真面目だなあ。
真面目で努力家、しかも天才、それなりに美形(当社比)、ホントすごいよ進さん。
それなのに性格はボケ。しっかりしているのに、微妙に何かが間違っている。
進さんには「突き抜けた天然ボケ」の言葉をささげたいです。
愛される天然キャラオブザ少年マンガ賞ってのがあったら、進さんは受賞間違いないんじゃないだろうか。
キャラのイメージについては読者それぞれに解釈があるだろうけど、進さんについてだけは100人の人に「進さんはボケですかツッコミですか」と聞けばおそらく100人全員ためらいなくボケと答えるであろうボケぶりですよ。
こういっちゃなんなんだけど、こんな実力性格ともにいろんな意味ですごい進さんと愉快な王城の騎士達が、泥門に負けてクリスマスボウルに行けないなんてありえねーとか思えてしまうからまたスゴイんですよ。
ホントいいキャラだよなあ進さん。
進さん嫌いな人っているのやろか。
と進さんをほめちぎるテツコなのでございます。
そりゃ陸だって進さんにはかなわんよ…。
ロデオドライブのコツを教えたくもなるさ!ああ!なるさ!!

その他のじゃんぴ:
もて王:全員好き勝手し放題のおっぱい祭りでした。前も言ったかもしれんのですがこのマンガはどの女性キャラも好感もてて好きです。掲載順が微妙だけどおもろいからすぐ上にあがる気がする。
エムゼロ:女体を描かせたらトラブルよりこの作者のほうが見せ方もセンスも上手だと思う。ただ、綺麗すぎてかえって色気が無い…!でもトラブルには股間を至近距離で描けばいいってもんでもないってことわかってほしいんだ。
OVER TIME:これも小綺麗にまとまりすぎてちょっと損してる気がする。もっとはじけてもいいんじゃなかろうかと。Wヒロイン制みたいだけど、鷹に対応する美咲はいい感じなのに、主人公に対応するボケキャラのメガネ女子が天然というより頭弱い系でいまひとつ印象薄いというか名前すら忘れた。どーも主人公側がキャラ弱いなあ。


posted by テツコ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【アイシールド21】感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

200話 down REAL MONSTER

感想とか:

泥門おめでとおおおおおおおおおおおおお!!

ほんでもってあたりまえですが神龍寺は負けてしまったわけですがな。

破壊神アゴンヌ(属性ライトカオス)のお怒りやいかに!?

こりゃあ神龍寺メンズ2、3人は死なねばなるまいよブルブル…誰か知らんが成仏してくれ…と合掌しながらページめくったら意外にもアゴンヌ様の怒りは執念となって己の中へと蓄積されたようです。
戦いへの執念を持ったアゴンヌを見つめるチームメイトの目は温かでした。

神龍寺の真のアメフトはこれからだ!!

という感じで小奇麗にまとまったわけですが。

結局、アゴンヌとヒルマさんの知り合った経緯とかアゴンヌの屈折した感情の詳細とかの説明はさわやかにスルーでしたよ!!
いつか語られる日がくるのじゃろうか。超希望。
あと阿含の「俺22人最強説」って別に覆ってないよーな。よくも悪くもやっぱ阿含ていまんとこ自分だけなんですよねえ。セナがガクブルしたほど悪でもなかったし。
神龍寺の面々阿含は面白いキャラなのでこれから先も掘り下げてほしいなあ。

そして何か忘れてる気がする…とても大切なことを…。

で、マルコんちのあのストUのキャラみたいなひと、アイシコミックスのはやいうちに出てきてたような…入部説明会の時のポジション向け性格の説明のときかなんか…。

そのほかのじゃんぴ:

ワンピース:サンジ活躍の予感!!!

銀魂:(;つД`) あれで終わりじゃないと信じたい…。でも銀さん影薄いなオイ。

オーバータイム:ハネさんの鷹見マニアぶりに脱帽。鷹見を通して見たバッテリーの夢があまりにも強くて、その死後も希望を捨て切れず今も無意識に鷹見の影を探してしまってるってのはちょっと泣けるけなげさなんでしょうけど、いかんせんアレはたから見ても変すぎる。でもそんなところがステキです。あと鷹見太朗、鷹見オリジナル以上に顔が超怖い。

斬:擬音かと思ったらタイトルだった。

みえるひと:微妙にメガテンチックなスタイルのプラチナさんが結構気に入ってるんですが…フオオオオオオオオオオオ…。ガクがかっこいいよフオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオ…。位置的にかなりヤバイ…はばたけ不死鳥!!

ジャガー:うすたさんの絵はかなり好きなんですけど、ジャガーさんの女装姿、前から見るとわりとうまく女装しきってるのに後ろからみると(483ページね)ちゃんと背中は男の体つきなんだよなー。上手だなー。

あ、思い出した。
神龍寺の監督の爺どこいった?
posted by テツコ at 02:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 【アイシールド21】感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

休業中

夏期商戦真っ最中&お盆で帰省のためブログを休止しちょります。
(もう半分更新してないようなもんなんだけど…)

原作は突っ込みどころが無いくらい緊迫してるし、せっかく早売りの地にいるのだから秋からはこまめに更新したいもんです。

・・・。

・・・・・・・・・・


夏コミ行きたかったァアアアアアアアアア!!!!

秋葉原にいきたい。
あと約束の地、池袋。

ハワイよりもグアムよりもおいら古同人誌販売店行ってアイシールドの同人誌がっぽがっぽ買いたいだすよーー。
posted by テツコ at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | テツコ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

今週のアイシールド(の番外編)

多分全国三万人くらいつっこんでるかもしれませんが、三万人のはしくれとしてテツコも叫んでおこう。

ヒル魔さんとケルベロスの出会い編、なぜにヒル魔さんと栗田は学ランなんですか!?

・チラシを見るに泥門入学後らしい
・ムサシがいないところからもそれっぽい
・しかし132話、入学当初の魔黄トリオの話の時にはケルベロスはすでにいた

これらを総合して前向きに考えた結果、

入学式直後、新品の制服を雨に濡らすのがイヤだったので、学ランを着てチラシ配りをしていたと考えると割と辻褄があいます。

ムサシは単に家の手伝いでチラシ配りに不参加だったんですよ!!!



決定。(勝手に)
posted by テツコ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 【アイシールド21】感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。