2006年01月29日

170話 「INTERVIEW8」

感想とか:

アゴンヌは寂しいと死んじゃう生き物なの?

 んなこたーない。

 とはいうものの、アニシで世紀末覇者やってるとは思えない(やってない)かまってオーラ放射しまくりです。
 人類が滅亡しても、ひとり自分の日焼けに気をつかってる(BY:究極超人あ〜る)ってくらい他人への執着はない人だと思いこんでたんですけど、3年前「利用しあってた」というヒル魔さんに何かしらの執着…いや執着つーか執念つーか怨念つーかとにかく何か思うところはあるようで、そういう人間らしさがびっくりだ。
 神の棲む肉体とまで称される阿含が、身体的には凡人のヒル魔さんになにかしらのこだわりがあるってのは、逆をかえせば身体的能力だけで相手を見てるわけじゃないってことになりますんで、そうなってくると神を人間のレベルまでストンと落とした、みたいな感じをうけます。ひいては他の「凡人」たとえば雲水に対してだって何かしら思うところがあるのかもしれないなあとかね。プチッとつぶしたいってのには雲水も入ってるのか。

 過去の因縁といえばムサシですが、こちらはそれこそ10巻近くをかけてちょっとずつちょっとずつ麻黄中トリオのかわした約束を積み重ねることでその重みを読者に知らしめてました。
 陸とセナは、これから再戦の可能性もあります。
 しかし対神龍寺は一度きり。
 正直不安があります。
 阿含はあれだけ大物、ヘタすりゃラスボスか?と思わせながら引っ張ってきたキャラだし、それにふさわしい物語と試合であってほしいという欲はテツコだけでなく多分かなりの読者にあるんじゃなかろうかと思うんで尚更。
 
 とりあえず神龍寺戦で語られるだろうことは推測すると下記の感じになります。

★栗田の過去
★努力の人・雲水の、天才・阿含に対する心理的葛藤
★スポーツにおける凡才と天才=スポーツとは何か?
★一休とモン太のレシーバー対決
★阿含によるセナ潰し
★セナの阿含克服
☆雪さんデビュー戦
☆ヒル魔と阿含の因縁

★もとからあった伏線6つ ☆今回加わった伏線2つ
このほかにもテツコが見落としているのがあるかもしれない…。

 消化できんのォオオ!?

 これをふまえてどういう試合展開になるのかちょっと予想してみました。

 まず試合開始ですね、神龍寺は強いですが当初はお互い様子見もかねて順調に試合をすすめるんじゃないかと。
 ですが試合はこう着状態になってきます。
 このへんでまず栗田の回想じゃないかと。
 入れなかった、神龍寺というチームへの思い出みたいな。
 試合描写に続いてそうすると今度は阿含あたりの回想。天才としてチヤホヤされる自分、天才としての自分を慕うチームメイト(一名)、そして事実、天才の俺様!
 そうなると今度は生まれたときから対比されてきた雲水あたりの回想が入るんじゃないでしょうか。努力の人。
 試合のシーンから泥門が微妙に劣勢でハーフタイムへ。
 お約束としてまもりがドリンクを配りながらヒル魔さんと小漫才なんかして、鈴音がボケてセナがつっこみ、ちょっとシリアスに話し合ったりヒル魔さんがハッタリかましたりして試合再開。
 どぶろくの回想で麻黄トリオと出会ったあたりなんかが語られるような。そして連なるようにヒル魔、ムサシとであった頃の栗田の回想なんかがあって、試合ではとうとうこのへんで雪さんの晴れ舞台かなあ。
 雪さんの過去の回想、そして活躍。ママンあたりがTV見て卒倒するかもしれません。
 雪さん泥門にしてやられた神龍寺メンバーは意外な面持ち。ここで天才阿含の表情をうかがう雲水の回想から、畳み掛けるように阿含の回想、天才としての自分ではなく、チンピラとしての阿含を大事にしてくれた(それもどうよ)他の人間達とは一味違うヒル魔という人物への回想シーンがきちゃったり。
 だいたいこのへんで読者が「今試合どのへんまで進んでたっけ」とにわかに正気に戻ります。
 ここでヒル魔の阿含との思い出が回想されたりして、そうこうしてるうちに試合残り時間1分とかいうアナウンスが流れて読者「( ゚Д゚)ポカーン」いつの間に。
 終盤、雪さんは大胆にもモン太を一休にけしかけます。(西部であったよこの展開)
 雪さんの頭脳によって生み出された作戦、それは一休が後ろ向きで早く走れるのなら、モン太は前を向いて早く走ればいいという画期的なもの!
 …すいませんテツコのアホ脳では一休対策考えつけまへん。
 まあなんだかんだあって泥門、逆転!!
 阿含は天才の自分にはない、泥門の何かを感じます。
 すったもんだあって試合終了、泥門の勝利です!!!
 負けた神龍寺ですが、試合中いろいろ葛藤していた雲水は、何かをふっきったように笑顔で空を見上げます。
 監督が阿含に「まだまだ青いのぅ、阿含」と告げると、阿含はまんざらでもない表情で「へへ…」と笑って神龍寺の面々を見渡します。
 いつのまにか阿含と雲水を囲んでいる仲間達。
「行こうぜ!俺達の試合はまだはじまったばかりだ!」
 雲水が頷いて阿含の肩をたたきます。
「ああ。行こう、阿含」
「へっ」(鼻の下を人差し指でこすりながら)
 神龍寺のメンバー全員、目一杯の笑顔で画面全体を使って宙に飛び上がります
「この果てしないフィールドへ!」

           〜 完 〜

 終わってどうする。しかもどうみても打ち切り。
 セナ出てねえー。

 稲垣村田両氏、もうこうなったら、試合一年くらいやってていいですのでここはひとつじっくりとヨロシクおねがいしまし。 
posted by テツコ at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 【アイシールド21】感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12475197

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。