2006年02月14日

アイシールド21 172話「獅子搏兎」

「ししくと」なんですな!
「ししばくと」だと思って検索にも出ないしどーしようかと。

あらすじとか: 
 それぞれの試合前の光景。
 対泥門の分析をする神龍寺の面々。
 パワーの栗田はスピードで山伏には勝てないと分析され、一休は、プロジェクターの画面に映ったモン太のキャッチ画面を見て自分は空中戦なら阿含にも負けないと言い切る。
 身体的能力を頭脳でカバーする面でヒル魔と比較された雲水に対し、やってきた阿含はヒル魔もセナもぶっ潰すと映るセナの画面にむかって部員を投げ飛ばす。
 しかし、神龍寺の監督すら泥門が切り札にしようとしている雪光にたいしてはさして注目していないまま。
 夜、メール交換をするセナと鈴音。
 勝負に対して臆してはいないセナの様子に鈴音はにっこり…。

感想とか: 
 神龍寺はなんと滝がプロジェクターの画面がわりになっとります。
 ムダにすごい!!でも雨の日は使えない。
 このプロジェクターはどうやら阿含が女の子を山に連れ込むための定番の口実らしいってのが今回つれてた女の子ふたりのうち、結構付き合いあるらしい女の子によって暴露されとりました。他の女に阿含が色目使っても全然動じてないあたり肝の据わり方がハンパない女子ですよ。お互い完全に遊び相手と割り切ってるのか。
 しかし女二人連れてこむって阿含、お前…まさか3…ゴホゴホ。

 それにしても雲水は謙虚を人間の形にしたよーなキャラです。横柄を人間の形にしたよーな阿含とは、どうみても神様がおかんの腹の中で双子の性格配分を間違えたくさい。
 まあ兄弟としてはすごくアンバランスゆえにバランスとれて仲良し(?)みたいだからいいのか。でも雲子ちゃんて、阿含、おまえという奴は!!
 いつかアゴ美ちゃんと呼ばれてもしらないぞ。

 セナとヒル魔に火花バリバリの阿含ですが、これで雪さんとヒル魔が交代でもしちゃった日には逆上でしょうな、想像しただけで怖い怖い…。雪さんには無事五体満足のまま試合終了を迎えて欲しいものです。
 
 そしてセナと鈴音は仲良し…なんディスガー。
 なんかまもり姉ちゃんが最近すっかり鈴音の引き立て役っつーかシンボル的な過保護母キャラとしてしか描かれてなくて微妙に切ない。
 かといってここで阿含が、ヒル魔さんの対立心を煽るためにまもりにちょっかい出す〜みたいな王道展開もって来られても、結局本筋はそのふたりにあって、まもりは「景品」でしかないから実のところ空気も同然てことに変わりないしな〜。自分で考えといてなんですが一癖も二癖もあるヒル魔さん相手にラブコメ合戦しかけたって意味ねーべ。(しかもタカヤとかぶる)
 こう考えるとまもりは自己主張が少ない分、扱いが難しいキャラっすね…。

その他のじゃんぴ:
銀魂:焼酎3→わが命に代えても→火打石の流れは神の勢いだと思う…。
もて王:杉音出てこないのに存在感あるいいキャラだなあ。木嶋先輩とメガネ娘の関係もなんか萌えるし、最近脇役の個性が強くなってきて太臓や悠がかすむことがある…。
ワンピ:フランキーのリアクションから矢尾さんの声が聞こえてくるようですよ。くそう…ヒル魔さんは矢尾さんにぜh(まだ言ってる)
デスノ:容量の少ないテツコ脳では難しくてついていけない。
みえるひと:主人公なんか若返ってない?
ジャガー:趣味で仕事の邪魔すな!!
ハンター:キルア、なんかフラグ立っちゃったよ困ります先生…ってオイここで4月まで休載かよ!!

 最近のじゃんぴは肩の力抜いて続きを楽しみに読めるマンガが増えたな〜。個人的にはこういうのが好きです。
posted by テツコ at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 【アイシールド21】感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13270918

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。