2006年10月01日

バレでーす

京極新刊の邪魅の雫よみました!
これに関しては後日あらためて書きたいなあ。
さしつかえない範囲でいえば、京極先生が同シリーズで小作を発表しつづけてたせいかキャラがこなれててえらい読みやすかったですよ。
アイシールド21キャストで京極シリーズキャラにあてはめて考えたらどうなるかと思ったんですが鬱系キャラがひとりもいなかった。

ではバレ感想でーす。





進さんは真面目だなあ。
真面目で努力家、しかも天才、それなりに美形(当社比)、ホントすごいよ進さん。
それなのに性格はボケ。しっかりしているのに、微妙に何かが間違っている。
進さんには「突き抜けた天然ボケ」の言葉をささげたいです。
愛される天然キャラオブザ少年マンガ賞ってのがあったら、進さんは受賞間違いないんじゃないだろうか。
キャラのイメージについては読者それぞれに解釈があるだろうけど、進さんについてだけは100人の人に「進さんはボケですかツッコミですか」と聞けばおそらく100人全員ためらいなくボケと答えるであろうボケぶりですよ。
こういっちゃなんなんだけど、こんな実力性格ともにいろんな意味ですごい進さんと愉快な王城の騎士達が、泥門に負けてクリスマスボウルに行けないなんてありえねーとか思えてしまうからまたスゴイんですよ。
ホントいいキャラだよなあ進さん。
進さん嫌いな人っているのやろか。
と進さんをほめちぎるテツコなのでございます。
そりゃ陸だって進さんにはかなわんよ…。
ロデオドライブのコツを教えたくもなるさ!ああ!なるさ!!

その他のじゃんぴ:
もて王:全員好き勝手し放題のおっぱい祭りでした。前も言ったかもしれんのですがこのマンガはどの女性キャラも好感もてて好きです。掲載順が微妙だけどおもろいからすぐ上にあがる気がする。
エムゼロ:女体を描かせたらトラブルよりこの作者のほうが見せ方もセンスも上手だと思う。ただ、綺麗すぎてかえって色気が無い…!でもトラブルには股間を至近距離で描けばいいってもんでもないってことわかってほしいんだ。
OVER TIME:これも小綺麗にまとまりすぎてちょっと損してる気がする。もっとはじけてもいいんじゃなかろうかと。Wヒロイン制みたいだけど、鷹に対応する美咲はいい感じなのに、主人公に対応するボケキャラのメガネ女子が天然というより頭弱い系でいまひとつ印象薄いというか名前すら忘れた。どーも主人公側がキャラ弱いなあ。


posted by テツコ at 10:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 【アイシールド21】感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。